箱根湯本で湯葉を食べるならどこ?湯葉丼で有名な直吉に行ってきた!

旅行に行くならおいしいところで食べたいよね!基本的にはみんな同じ発想だと思うんですが、私たちも例に漏れず、同じような発想で色々と調べてみました。そして見つけました!箱根湯本にある湯葉丼で有名な直吉(なおきち)というところです!


2,977 views
地図

旅行に行くならおいしいところで食べたいよね!

基本的にはみんな同じ発想だと思うんですが、私たちも例に漏れず、同じような発想で色々と調べてみました。そして見つけました!箱根湯本にある湯葉丼で有名な直吉(なおきち)というところです!

今回はこちらの直吉について、行ってみてどうだったのか?何時頃行った方が良いのか?雰囲気はどうだったのか?などなど、そんなことを主観的に好き勝手つづっています。

こちらはご覧の通り、食べログの評価でもなかなかの高評価!!基本的に3.5を超えるところは結構おいしいで有名になっているところが多いので、期待して行って参りました^^

直吉への行き方って?

では直吉で食べた感想を書く前に、まずは軽く行くまでのアクセス方法をご紹介します!

基本は車で行くにしろ、電車で行くにしろ「箱根湯本」という駅を目指していきます。

私たちは箱根湯本まで電車で行き、そこから歩いていったんですが、下の地図からも分かる通り徒歩5分ぐらいで着きました!

1. 電車で行く場合

では、まず電車で行く方法からです。こちらはシンプルですね!

新宿からだったら、下の地図の通り「小田急ロマンスカー」に乗って一本!新宿からだったら1時間30分程度で着きます。

参照:http://tabi.longsn.com/a1306.html

箱根湯本に着いたら、さっきご紹介した通り徒歩5分なんですぐですね!

2. 車で行く場合

では、お次に車で行く場合はどうしたら良いでしょう?

上の地図からも分かる通り、実は箱根湯本って駐車場があんまりない!!

直吉にも当然駐車場はありません…。駐車場はあってもそんなに駐車スペースがないので、もしかしたら駐車できない可能性すらはらんでいます。

お腹もすいてるはずなんで、きっと駐車できなかったらときのイライラはハンパないと思います。思わず助手席の人を殴ってしまう。そんなケースも中にはあるかもしれません。笑

あまり車はおすすめできません。

直吉に着いた!

hakone-naoyoshi5

では、直吉の話に戻りましょう!

あんなに近い近い行っていたのに、なぜか謎の道を進み、結果なぜか直吉の裏側に出ました。笑

上の写真が裏側なんですが、裏側は川沿いです!

こんな感じの雰囲気ですね。のどかでいいところです。

このとき到着した時間は11:30ぐらい。

「絶対混むよね~」

なんて言いながら、ちょっと早めに行ってみたんですが、案の定!

4組待ちでした。だから少し待つことに…。ただ、この15分後には…

見えますでしょうか?

「21組待ち」の文字が…!笑

少し遅く行ってたら尋常じゃないことになってました、、直吉まじハンパないです!予想以上に早く行っておいて正解でした!

時期は3月と花見シーズンをはずした時期だったんですが、それでこれです。シーズンになれば恐らく入れないでしょうね、、行くなら私たちの行った時間を基準に考えてみてください!

名前が呼ばれたようです。

中に呼ばれたので、早速入ってみました!…なかなか贅沢な空間使いです。

いかに詰め込むかの都会の有名店と違い、ゆったりと過ごせる雰囲気でしたね!

やはりメインの湯葉を食べに来たので、すかさず湯葉を注文!

湯葉丼と湯葉そばの両方をいきました!本当は湯葉丼を食べたかったんですが、湯葉丼は譲り、私は湯葉そばへ。

来ました!!

湯葉丼はぐつぐつと音を立てて沸騰し、湯葉そばは厳かな雰囲気を漂わせています。両者圧倒的な存在感でした笑

本当は写真なんて撮ってる場合じゃなかったんですが、食べたい気持ちをグッとこらえ、待ちに待った湯葉を食…

う、上手い…!!!

さすが、並ぶだけあるなぁって思いました。

味について書くのはあまり得意ではないので、上手い。私のボキャブラリーではこれが限界です。笑

是非ご自身で食べて頂きたいですね!箱根に行く方には今後おすすめしていきたいなって思いました。

ちなみに待っているときは、座れるスペースが中にありますし、外でも足湯のエリアで座って待つこともできます!

ただ、21組待ちのときは立って待っている方もいました。なのでできればちょっと早く、のちょっと早く、これぐらいを目安に行って欲しいところですね!現場からは以上です。

 

「ガチ旅」の更新情報はこちらで配信中!!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ガチ旅の最新情報をお届けします

この記事のライター

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング

のライターランキング

ライター一覧を見る