マキノ高原にメタセコイア並木の紅葉を見てきた♫ 駐車場は?地図は?天気はどう?

マキノ高原にメタセコイア並木の紅葉を見てきた♫ 駐車場は?地図は?天気はどう?


87 views
地図

 

ども♪ガチ旅@ご当地ライターのまっすんです。

 

マキノ高原にメタセコイア並木の紅葉を見てきた♫ 駐車場は?地図は?天気はどう?

 

アクティビティジャパン アクティビティジャパン

 

 

 

「マキノ高原にメタセコイア並木」の前の看板に説明が書いておりました!!

 

———– ここから ———–

「新・日本の街路樹百景」選定
マキノ高原のメタセコイヤ並木

関西随一の規模を誇るここマキノ観光栗園を
縦貫する町道沢牧野線とこれに続く県道小荒路牧野線には、
延長2.4kmにわたってメタセコイヤ約500本が植えられ、
マキノ高原、マキノスキー場へのアプローチ道として、
高原らしい景観を形成している。

この並木は、1981年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」
整備事業の一環としてマキノ町果樹生産組合が植えたのがはじまりであるが、
組合関係者をはじめとする地域の人々の手により慈しまれ、育まれて、
その後さらに県道も協調して植栽され、延長が伸ばされたことから、
現在この雄大な姿となったものである。

メタセコイヤは中国原産、ひのき科マタセコイヤ属の落葉高木で、
和名はアケボノスギ。樹高は35mに及ぶ。

最大樹高が115mにも及ぶと云われるセコイヤに
その姿が似ていることから、メタ(変化した)セコイヤと名付けられている。

春の芽吹き・新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の裸樹・雪花と
四季折々に美しい円錐形のマタセコイヤ並木とまっすぐに伸びる
道路が造りだす対称形の整った景観は、遠景となる野坂山地の山々とも調和し、訪れる人々を魅了してくれる。
1994年11月、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定され、衆目を集めるに至っている。

1997年3月 マキノ町

———– ここまで ———–

 

 

 

駐車場はあるの??

 

近くにこんな駐車場がありまっす!!

 

地図は??

 

マキノ高原キャンプ場から近く!!

 

天気はどう??

 

↓ こちらのサイトをチェック!クリック!

 

詳細は、こちらをご確認くださいませ!!

次回の記事をお楽しみに~♪♪

以上、まっすんでした!!

(現地旅行日;2017年12月31日)

 

アクティビティジャパン アクティビティジャパン

 

 

「ガチ旅」の更新情報はこちらで配信中!!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ガチ旅の最新情報をお届けします

この記事のライター

まっすん(増田兄弟)
【 地方創生系ライター まっすん(増田兄弟)のプロフィール 】 30歳で起業。その後、兵庫県で起業支援型シェアオフィスの運営に携わる。旅好きでWebに精通し、ガチの旅情報をネットで発信。現在は田舎に移住し「とかいなかライフ」実践中!夢は子供が憧れる村長になること♪♪ お問い合わせはこちら!! https://www.facebook.com/masato.masuda.10 【メール】broadlinks0919@gmail.com

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング

のライターランキング

ライター一覧を見る